以前、顔見知りの中古販売業者のスタッフに、12年使用し

車の買い替えを考えていましたので、去年の

車の買い替えを考えていましたので、去年の夏ごろに日産エクストレイルを業者に買取査定してもらいました。

様々な査定方法がありましたが、私の場合、インターネットの査定サイトで一括査定をお願いし、最も見積額が高かった業者の方が教えてくれたのですが、査定額には、意外にも「季節」が関係しているそうなのです。具体的な話ですと、私がその時に売ったエクストレイルはやはりアウトドアが盛り上がる夏場が売り時だそうですから、高値がつくタイミングとしては、春から梅雨時期だそうなので今後の買取の参考にしようと考えています。

車の買取査定を申し込みたいけど、個人情報は教えたくないという人も少なくないはずです。

でも、匿名で車の査定をするのは無理です。

メール査定であればできそうだと思いがちですが、残念ながら必要最低限の個人情報は入力しなければならないので、匿名でということはできません。

車を査定してもらいたいならば、個人情報を必ず相手に伝えなければいけません。

車の査定は出張査定をしても、基本的にはどこの業者も無料で行っていますが、ごく稀に有料という場合があります。

その時は査定料として請求されるのではなく、出張料として請求される可能性が高いと思われます。料金を請求するところが違法な業者という訳ではありませんが、無駄なお金をかけないためにも、なるべく無料のところを利用してください。

新車などに買い替える場合に、今まで乗ってきた車を購入先のディーラーで下取りに出すパターンがよくあると思います。

だけど、ほとんどの場合では、下取りでは納得いくような査定を望めないものです。一方で、中古楽天車買取り専門店に売却る場合は、車を下取りするよりも、高額に査定してもらえることが多いでしょう。

車についてしまったすり傷や壊れた個所は、基本的には何も改善せずに状態を評価してもらうようにしましょう。

気になる傷や壊れた個所があるならば、その評価分金額は低くなってしまいます。

しかし、目に見える傷や気になる故障個所は、買ってくれる会社が自社において調整整備、修理をしてくれるので、査定される前に修理しておくことは要求されていません。減らされる料金よりも、壊れた個所を治す費用の方が高く査定されてしまいます。

査定の額を高くする方法として、多くの人が最初に思いつくのが洗車でしょう。

車を綺麗に洗った状態で査定をして貰うと印象が良くなり、査定額の評価が高くなります。その時に、ワックスをかけておく必要もあります。

それに加えて、車内の脱臭をするのもすごく大事です。

ペットのワンちゃんやタバコの臭いはマイナス査定となるので、必ず脱臭しましょう。

カローラといったらトヨタの代名詞といえるくらい、長い間、高評価と人気を集め続けている車種です。カローラの特徴といえばよい燃費で経済性が高く、室内空間が広く、快適な乗り心地や、長い間、乗り続けても疲れない安定走行、広い室内で使いやすいことなど、見た目も機能も兼ね備えた車です。車の査定を受ける前に、洗車を済ませておくかどうかですがこれについては、意見は割れています。

常識的に考えると、洗車を済ませてきれいにする方が良さそうなものですが、でもこうすると、車体についた細かいキズが、はっきり見えるようになってしまいます。

しかしそうやって傷が隠されていたとしても、査定担当のプロも様々な車を見てきているわけです。

洗車していようがしていまいがキズの見落としをするとは考えにくいでしょう。そういうことなら、査定人に良い印象を持ってもらうため、ある程度、きれいに洗っておくのがいいようです。カービューの車買取業者を利用するときは、査定で気を遣うことはあるものの、金額が決まると、名前の知れた業者の営業マンなら今後の手続きや必要書類について事前に説明しますし、こちらがするのは書類を揃えることだけで、面倒な名義変更などの手続きも業者側で行ってくれます。

こちらで揃えるのは、車検証・自賠責保険証・実印・印鑑証明・直近の自動車納税証明書です。

軽自動車の場合は実印と印鑑証明書の代わりに認印だけでも構いません。

それと、車のキーでスペアがあれば、これも業者に渡しましょう。

代金の支払い時ですが、最近は担当者に現金を持たせない会社も多いので、振込口座(番号だけでOK)も必要です。車の買い換えをすることになった時、業者の査定を受けて売却するという人も増えてきています。

その際、気を付けておきたい点があり、査定を受ける際に、故意に事故歴や修理歴を伝えなかったらどうなるか、です。

売買契約時に店と契約書を交わします。

そこに記載されている買取査定規約を見てみると、事故歴の把握をしているのなら申告の義務を負うことになっています。

ですから、事故歴を知っていて隠していた場合は、売買契約成立後、それどころか買い取り後でも業者は事後減額要求できることになっていますので、査定額を落とさないために事故歴を隠すと却って損をすることになります。